1日葬や家族葬を千葉の自宅で行うことはできますか?

家族葬や1日葬は、もともと自宅で行われていたものなので、自宅で葬儀をあげること自体に全く問題はありません。

私の体験や参考サイトを元にその利点と注意点をお話しします。

◎参考サイトはこちら//http://gelled.info/

■加須層などはもともとは自宅で行われていた儀式。

1日葬や家族葬は、もともとは自宅で執り行われていたものですから、それは当然可能です。

自宅で行う場合のメリットは、葬儀社の段取りやスケジュールに関係なく、日取り・式次第を自由に組めることです。

柔軟性がもてます。

たとえば1日葬のつもりでスタートしても、翌日や翌々日に親類縁者の方がご焼香に来られるというのであれば日程を延長できます。

葬儀社との連絡は密にする必要がありますが、葬儀社の都合は火葬場までの霊柩車の手配だけなので、融通がつきます。

■会館を借りる費用を節約。

自宅で成り行きの通夜。

もう1つのメリットは、会館を借りる費用が省けるので、その分が節約できます。

千葉県木更津に実家があった当家では、身内の多くが高齢で、昔から自宅で葬儀というのが当たり前だったこともあって自宅から出棺しました。

通夜というほどの振る舞いはしませんでしたが、自宅なのでゆっくりリラックスでき、弔問客も成り行きで待っているような状態でした。

千葉県外の親類縁者には電話で連絡をし、3日間は遺体を安置するとか、出棺はいつになるといった要点を伝えた程度です。

■自宅葬の場合、スケジュールは葬儀社にしっかり連絡。

場合によっては遺体を霊安室(保冷庫)で預かってもらうこともできます。

先にも述べましたが、葬儀社にも霊柩車の都合などがあるので、出棺予定が変更になったりしたときは早めに連絡しておきましょう。

火葬場と葬儀社の関係もあります。

時期によっては火葬場の都合がつかなくなることもあります。